変われるか

何年も務めているベテランの事務員さん。

既に会社の大黒柱である。

あれもこれも一手にまかされて、会計伝票がどうしても後回しになる。

これでは大変、なんとかしてくれと、

期待の矛先は新人社員に向けられるが、何分新人。

ミスは多いは、時間はかかるは、思うようにはやってくれないは、

自分が築き上げたものをぶち壊されてはたまらない。

教えてるひまに自分でやったほうが早いという結論に至る。

ああっ、これではダメだ負の連鎖。

「どうしたものでしょう・・・」

と相談を受けたので、

「発想の転換!相手がどうのこうのという問題じゃない。」

「自分自身を変えられるかどうか、ここが分岐点だね」

「ベテランにとって最も重要な仕事は教育だよ」

と、正に自分自身に言い聞かせるよう。

画像


そう、この手の話は正に自分自身の問題。

自分の培ってきたものを人に渡すことができるか否か、この1点。

「どうしたものでしょう・・・」

葛藤するだけ見どころがあります。

なかなかできることではありませんからね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック