9月の課題 その2 電子申告

ふぅ~。

これもやなねばダメですね~。

事務所進行状況としては、

私から「赤いスイートピーさん」に担当者が変わり、

予想通り適応能力を発揮していただき、

ずいぶん前進しております。

(もっと早くに変わればよかったか??)

大変だとは思いますが、お蔭様で目鼻がつきました。

後は軌道に乗せるだけですね。


軌道に乗せるだけ???


と簡単そうに言いましたが、実はこれが大変。

電子申告経験者としては、

一応、私と熱血渡部先生と虹色の架け橋さんの3名おりますが、

まず、他の皆さんにもやっていただくということです。

ここで大切なことは、

データを送信者に渡すだけではダメ。

電子申告の問題点の共有は無理でしょう。

できれば、送信者と一緒にPC上での

一連の流れを摑んでほしいと思います。
(いっしょに苦しんでいただきたい)

ご協力願います。


次に、地方税の電子申告の環境整備などなど。

まず、すべての環境整備をしなければ、

「電子申告による合理化」など夢のまた夢ですね。
(国はこちらの合理化は前提にしていないようですが・・。)




また、経験値が高いのは、

法人税・消費税の確定申告書。

どんなにあってもいまは月に数十件前後。

ところが、

年末の法定調書や確定申告、その他すべての税務申告を電子申告で

となったら大変。月末、月初など相当なパニックが考えられます。

送信ルートを複数もつ必要がでてくだろうし、データ管理の問題も出てきます。



でもやらなければなりません。

やらねばならないのです。


これも時代の流れですから・・・。


まず確実に出来ること。

「関与先から電子申告の委任状をいただくこと。」

これなら皆様できますね。

とりあえず決算があったら

十分趣旨を説明し、ご協力要請願います。





私のノルマは、

これからの法人税・消費税の申告は100%電子申告としたいと思っています。


目指せ電子申告推奨事務所!

赤いスイートピーさんがいるのできっと大丈夫!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック