税理士報酬の相場

今日は税理士報酬の相場という重いテーマについて・・。




一昔前は税理士会で定められた税理士報酬規程があり、

概ねこれに従って(その範囲内で)報酬が決定されていましたが、

自由化の流れの中(競争原理)で撤廃されました。

しかし業界ではこの報酬規程は現在でもベースとして使われています。


<参考資料>
<平成14年3月まで税理士法で規定されていた税理士報酬規程>

現在は、法律が改正し、税理士会で定められた税理士報酬規定はありません。

■税務顧問報酬(月額)
(税務代理及び税務相談を含み、税務書類の作成報酬は、別に受ける。)

1.所得税 総所得金額基準 年取引金額基準 報酬額
200万円未満 2,000万円未満  20,000円
300万円  〃 3,000万円  〃  30,000円
500万円  〃 5,000万円  〃  45,000円
1,000万円  〃    1億円  〃  65,000円
2,000万円  〃    2億円  〃  75,000円
3,000万円  〃    3億円  〃  85,000円
   5,000万円  〃    5億円  〃  95,000円
    5,000万円以上    5億円以上 105,000円
1千万円増すごとに 1億円増すごとに 5千円を加算

2.法人税 期首資本金等基準 年取引金額基準 報酬額
  200万円未満 2,000万円未満  30,000円
300万円  〃 3,000万円  〃  35,000円
  500万円  〃 5,000万円  〃  50,000円
1,000万円  〃     1億円  〃  70,000円
3,000万円  〃     3億円  〃  85,000円
5,000万円  〃    5億円  〃  100,000円
   1億円  〃  10億円  〃  130,000円
    3億円  〃   30億円  〃 160,000円
5億円  〃 50億円  〃 190,000円
5億円以上 50億円以上 220,000円
2億円増すごとに 20億円増すごとに 3万円を加算



月額の顧問料は個人で20000円~法人で30000円~となっています。
(税務書類の作成報酬(決算書や申告書の作成)は別途かかります。)

確定申告の報酬もこと細かに決められています。



当事務所の報酬規程もこの程度のところにあるのが理想ですが、

現実的には上記報酬規程の8掛から7掛といったところでしょうか。

また、これが地域税理士の報酬の相場でもあります。


料金については不平のあるユーザーもあると思われますが、

例外こそあれ、税理士事務所の料金の相場というのは大抵こんなところです。

そして付随する税理士のリスク(責任・仕事内容)も概ね同じです。



つまるところ、こちらも商売ですから

この相場範囲内の報酬で利益を獲得(生活)しなければなりませんので、

他事務所との差別化を図るためには

品質・量・スピードが勝負となります。

(もちろん価格でもひけをとるつもりはありません。)

品質は経験・知識・技術。

量は関与先の数・規模。

スピードは正確性・合理性・効率性。



ひとことで言えば「信頼」でしょうか。




他事務所との差別化。

あくまで個人の意見ですが、

税理士業務にしぼって、

我が事務所が特に他の事務所に比して優れている点と言えば、

正確性、合理性、効率性を兼ね備えたスピードです。

会計ソフトを利用しかつ独自にマニュアル化した自計方式。

完成形に近づいたこの方法は、

関与先・当事務所双方に革新的な時間短縮、事務効率の実現を提供しています。

し続けています。




しかし、この画期的な時間短縮・事務効率の実現も、

時間とともに当り前のことと認識され、

残念なことに提供先のユーザーの理解がうすれてしまうことがあるようです。


「そんなに早くできるんだったら、もちょっと安くしてよ。」


・・・・と。



この不況叫ばれる昨今、

値引き、値崩れ、経費節減の傾向に歯止めがかかりません。

我が事務所を取り巻く環境も例外ではなく、

厳しい経営環境のクライアントに対する報酬については、

言われるまでもなく配慮しているところです。



しかしながら、この最大の武器であるスピード力をつかまえて、

料金が高いと言われることは遺憾であります。

この時間短縮・事務効率の実現はさらに進化を目指すところであり、

このことを何よりも高く評価していただきたいところなのです。



これらのことを踏まえて、

常日頃、請求書を発行する際は、検討に検討を重ねて

これならばご理解いただけるだろうという金額の設定に努めています。

また、報酬の増額の必要がある場合には、

お客様に十分説明し、堂々とさせていただいております。

作業が終わってみないと料金が確定しない仕事もございますが、

駆け引きなど一切致しません。

高くもなく安くもなく適正額で、

ただし、経済状態悪化した等合理的な理由ある場合にはそれ相応に、

いずれにしても、

発行した請求書には自身と誇りをもっています。





今日は税理士報酬の相場という重いテーマとなりましたが、

私のスタンスという切り口からご紹介して見ました。

料金わかりにくいという批判の答えには程遠く申し訳なく思います。

しかし、古くから言われております通り、

我が士業は、お互いの信頼関係がもっとも大切です。

信頼関係なくして良好な関与は成立致しません。

私を信頼しご相談をいただいた事案については全力で当りたいと思います。

この記事へのコメント

  • フリーエンジニア

    私も「物」を売る商売ではないので”相場”と言われても確立しているものはありませんので、お気持ちは良くわかります。
    「技術と信用」これに尽きるのではないでしょうか?
    2009年03月05日 15:21
  • やまぐち

    確かに似てますね。
    利益の追求と社会への貢献。
    どちらに比重を置くかはひとそれぞれかと思いますが、
    ブレるのが一番怖いことです。
    特に何があったわけではありませんが、
    たびたび取り上げたいテーマであります。
    2009年03月05日 20:26

この記事へのトラックバック