会議

丁寧な言葉使いを今年のテーマに掲げました。

なかなか難しいものです。



先日、会議でのこと、

私は長年あたためていたひとつの重大な計画を提案しました。

気をつけていたつもりなのですが、

ついつい熱くなり持論を展開・・・。

伝えよう、伝えようとするあまり、

どうしても言葉が乱暴になってしまいます。

また、後で冷静に考えれば、

「こういう表現で伝えればよかった。」

と思うことも多々あり・・。

思い入れが強すぎて、なかなかうまく表現できません。

まだまだ未熟な私です。



こんな未熟な意見(計画)でも、熟考して下さる所長・副所長・・・。

何を言わんとしているのか、真剣に対応していただき、

頭が下がるばかりです。

ありがとうございます。





「すべては中川事務所の未来のために・・・。」





思いは皆いっしょです。

この軸さえぶれなければ大丈夫。

意見がぶつかるのは健全な証拠。

前進、後退ありますが、きっと良い方向に進んでいくと信じています。



「なんでも自分の思う通りにはならないものだよ。」

昨年、所長から言われた言葉、身にしみます。



今回企画については、正すべき点、反省すべき点は、しっかり見直すこと。

まず、これからスタートしたいと思います。

じっくり見つめなおし、自分のプランを再構築。

春には、もう一度提案したいと思います。

そして、この思いは人に頼るのでなく、

自身の言葉で発信していきたいと思います。

「すべては中川事務所のために・・」

この精神に違わなければ、きっとできると信じています。


人をどうこういう前に、まず自分。

自分の成長が最大の課題です。

がんばります。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック