ひさしぶりの立会。

今日は、ひさしぶりに税務調査に立ち会った。

今までも職責上、年に2~3回は、顧問先の税務調査の立会を担当してきたが、税理士となったので、今後はさらに出番がありそうだ。

今回、調査対象の顧問先は、中堅優良企業。調査官は2名。調査期間は、2日~3日の予定。最近は、やたら調査の期間が長い。

初日はやはり緊張する。

午前中

1.会社の概要
2.帳簿組織
3.労働者名簿と各人の役割。
4.業務の一連の流れ

・・・・主に、聞き取り調査中心。

午後

1.固定資産台帳
2.源泉徴収簿
3.売上・領収書・請求書・業務日報とのつき合わせ。
4.各種契約書チェック
5.工場見学(固定資産台帳と実物のチェック)

・・・・主に、概況把握型調査。さらっと全体をなめるようにチェック。

オーソドックスな調査手法。
事前準備のおかげで、大きな混乱もなくスムースに終了した。

・・・が、油断は禁物。税務調査はそんなにあまいものじゃない・・。

最後まで、気を引き締めて対応せねば・・・。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック